川崎で税理士が見つかった後の流れや手順の一例をご紹介します

企業にとって税理士は重要な存在と言えるものです。企業経営の根幹となる財務や税務の部分を任せることになるのですから、頼りになる税理士を選ぶことは企業経営の安定に繋がるとさえ言えるものです。しかし、良い税理士を見つけるのはなかなか簡単な事ではありません。川崎は中小企業も多く新規に開業する人も多いことから税理士も優秀な人が多く、良い人がすぐに見つかる地域として知られています。その為、現在の税理士よりも良い人が見つかる可能性が高いものです。川崎で良い人が見つかった場合には、その人に会社の財務や税務を依頼するためのいろいろな手続きが必要になります。基本的に顧問契約を結び、安心して相談できる形を作ることで、日々の経営に於ける問題を相談できるようになります。

現在の税理士からの切り替えに於ける問題の対応について

多くの企業では既に顧問税理士との契約を行っていることが多いものです。川崎で良い人が見つかったからと言って、すぐに切り替えることはなかなか難しいと考えている経営者も少なくありません。しかし、顧問税理士を切りかえることはそれほど珍しい事ではなく、むしろ契約の途中で切りかえてしまうことも少なくないのです。通常、顧問契約は年単位の自動更新となっているので、この更新の際に切り替えるのが最も良い方法ですが、そうでない場合には地元の税理士会に相談すると、契約の途中でも解約できることが多いのです。中途解約の場合にはその理由として、期待した成果を上げてくれないとか、実際の相談に乗ってくれないといった実績を示すことで、途中で解約できることも多いものです。税理士会では、このような点は非常に柔軟に対応をしてくれます。

書類の引継ぎをスムーズに行うことが大切です

川崎で新しい税理士を見つけたら、以前の税理士からの切り替えや書類の切り替えを早急に行うことが必要です。この際には、以前の税理士から様々な書類を返却してもらう必要があります。この際に、以前の税理士が様々な方法で返却を拒んでくることも少なくないものです。よく言われるのが、監査に対応できなくなるとか、銀行からの融資が受けられなくなるとかというものですが、この様な事は実際にはほとんどありません。又、書類の返却を拒まれた場合には税理士会に調停を依頼することで解決できます。川崎で良い人が見つかった場合には、出来るだけ早く顧問契約を切りかえてしまうことが大切です。企業にとって財務や税務は非常に重要な問題で有るので、早急に切り替えることでより早く安定した経営を行う為にも重要です。